リアトリビューションのコールバック
リアトリビューションは、特定のリアトリビューションコールバックをトリガーします(インストールに対してはトリガーしません)。Adjustでリアトリビューションのイベントコールバックを設定するには、以下の手順に従ってください。

リアトリビューションコールバックを設定

設定手順

Adjust管理画面にて
  1. アプリに移動して、アプリオプションの (▲) ボタンをクリックします。
  2. その他の設定 (All Settings)> (データ管理 (DATA MANAGEMENT)) ローデータエクスポート(Raw Data Export)> リアルタイムコールバック(Real-Time Callbacks)を選択します。
  3. Adjustでトラッキングされているすべてのイベントのリストが表示されます。これには、リアトリビューションなど自動的にトラッキングされるすべてのイベントが含まれます。
  4. リアトリビューションをトラッキングするイベントを特定し、右にある編集(鉛筆)のアイコンを選択します。
  5. コールバックURL (CALLBACK URL)のフィールドに、コールバックURLを挿入します。
  6. 問題がなければアップデート(UPDATE) を選択してください。
完了すると、Adjustが指定のサーバーなどへ、リアトリビューションのデータ送信をリアルタイムに行います。

注:Adjustは1MB以上のコールバックを転送することが できません。 コールバック

ネットワークへのリアトリビューションコールバックを設定

リアトリビューションコールバックは、ユーザー獲得キャンペーンを実施する際に活用されることが多いですが、リターゲティングを実施する全てのパートナーに利用してもらうことをおすすめします。

リターゲティングキャンペーンの多くは、Adjustの連携パートナーと共同で実施されます。管理画面でパートナーを設定済みの場合は、追加設定をする必要はありません。ただし、リターゲティングを行うパートナーが連携パートナーとして設定されていない場合は、トラッカーURLパラメーターとして(エンコードされた)ポストバックを追加する必要があります。このトラッカーURLパラメーターは、reattribution_callback(リアトリビューションの場合のみにトリガーされる)、またはconversion_callback(リアトリビューションと新規インストールの場合にトリガーされる)のいずれかになります。リアトリビューションのポストバックについてご不明な点がある場合は、wizards@adjust.comまでお問い合わせください。

このトピックについて