リアトリビューションの計測
リアトリビューションとは、アトリビュートされた初回のインストール後、モバイルからの最新のアトリビューションソースをユーザーに割り当てるプロセスです。通常、リアトリビューションは既存のユーザーベースを再活性化させるのが目的のため、リターゲティングまたはリエンゲージメントキャンペーンに活用されます。

リアトリビューションは、通常、セッションベースで記録されます。このため、ユーザーが新規セッションを開始し、(非アクティブ期間で定められた)リアトリビューションの対象であり、(リアトリビューション期間によって対象となる)Adjustが計測しているソースにエンゲージしている場合、Adjustは、インストールソースの先の計測されているソースに当該ユーザーをリアトリビュートします。

ユーザーがAdjust内でリアトリビュートされると、その後のアプリ内アクティビティはすべて、リアトリビューションソースに関連付けられます。すべてのユーザーは、Adjust内で何度でもリアトリビュートすることが可能です。また、リアトリビューションはAdjustが計測するソースとのエンゲージメントを利用しているため、どのユーザーもオーガニックトラフィックとしてリアトリビュートされることはありません。

リアトリビューションの基本

非アクティブ期間

非アクティブ期間(休眠期間)とは、ユーザーがリアトリビューションの対象となる前にアプリを起動させない休眠期間です。非アクティブ期間は、連続した日数で定義されます。

つまり、非アクティブ期間が7日間とすると、ユーザーが1週間の休眠期間(連続した非アクティブ日数)を経なければ、Adjustはリアトリビューションとしてカウントしません。非アクティブ期間は、Adjustがリアトリビューション数としてカウントするために、ユーザーが連続してアプリを起動しない最短期間です。

非アクティブ期間を0に設定すると、1回のアプリセッションでユーザーをリアトリビュートできます。またアプリセッションは、非アクティブ期間によっても定義されています。ユーザーはAdjustで新しいアプリセッションをトリガーする前に、30分以上非アクティブになる必要があります。

非アクティブ期間の設定
最小:0日
最大:365日
推奨:7日

リアトリビューションウィンドウ

リアトリビューションウインドウは、ユーザーエンゲージメントがリアトリビューションの対象となる期間を定義します。例えば、リアトリビューションウィンドウが30日で、ユーザーが広告をクリックもしくは閲覧した場合、アプリを開いてAdjust内でリアトリビュートされる有効期間は1か月となります。クリック とインプレッションにもリアトリビューションウィンドウを設定することができます。
 

エンゲージメントタイプリアトリビューション期間の設定有効なIDタイプ
クリック最小:1日
最大:30日
推奨:7日
受け入れ可能なデバイスIDタイプのリスト
インプレッション時間または日単位で設定できます。

時間
最小:1時間
最大:24時間
推奨:24時間

日数

最小:1日

最大:7日
推奨:1日
受け入れ可能なデバイスIDタイプのリスト
 

リアトリビューションの計測

Adjustはクリック、ディープリンクリアトリビューション、インプレッションのリアトリビューション計測を行います。

クリックのリアトリビューション計測

すべての新規クリック(有効な広告IDとともに計測されたもの)は、Adjustのリアトリビューションの対象となります。

トラッカーURLの例:
https://app.adjust.com/abc123?idfa=<idfa>

新規ユーザーのセッションがある度に、Adjustはそのユーザーが非アクティブユーザーの定義で定められたリアトリビューションの対象であるかどうかを確認します。広告IDがあり、且つリアトリビューションの対象(リアトリビューションウィンドウの期間内であること)となる新規クリックの場合、Adjustはユーザーを当該するクリックにリアトリビュートします。通常、上記のようなトラッカーへのリアトリビューションは、リターゲティングキャンペーンに関連付けられます。


 

API連携パートナー経由でリアトリビューションを計測 

API連携パートナーとキャンペーンを実施している場合は、Adjustが自動的にリアトリビューション計測を行うため、追加設定は不要です。ご存知の通り、Adjustがアプリのセッションを計測する度に、そのデータをAPI連携パートナーに送信しています。初回起動(インストール)だけでなく全てのセッションを送信しているため、ネットワークは、それらのセッションをリアトリビューションに紐付ける場合があります。なぜなら、ネットワークが該当するユーザーに関連したクリックデータを持つためです。このユーザーがリアトリビューションの対象となる場合、Adjustは自動的にユーザーを該当するパートナーにリアトリビュートします。

リアトリビューション計測を停止する

クリックのリアトリビューション計測を停止する

通常Adjustで計測されたクリックは、すべてリアトリビューションの対象となります。リアトリビューションのトラッキングを無効にするには、AdjustトラッカーURLのクエリ文字列にrt=0を追加する必要があります。rt=0を使用して計測された新規クリックは、Adjustにおけるリアトリビューションの対象外となり、インストールのアトリビューションにのみ使用されます。

​https://app.adjust.com/abc123?campaign=UA-only&rt=0
Adjustで計測するリアトリビューション数を抑えたい場合は、非アクティブユーザー期間を伸ばすことをお勧めします。リアトリビューションの対象となるためには、設定された非アクティブ期間より長く、ユーザーがアプリを起動させない必要があります。このため、非アクティブ期間を365日(1年)に設定した場合、Adjust内でリアトリビューションを計測する可能性が低くなります。

API連携パートナー経由のリアトリビューション計測を停止する

API連携パートナーの自動リアトリビューション計測を無効にするには、次の手順に従ってください。
  1. 該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。
  2. パートナー設定 (Partner Setup)を選択します。
  3. API連携ネットワークを選択します。
  4. リアトリビューションの有効化をOFFにします。
これにより、API連携ネットワークが、アプリユーザーのインストール後のセッションにリアトリビュートすることを防止できます。

リアトリビューションのよくある質問

非アクティブ期間とは

非アクティブ期間は、リアトリビューションとして必要なユーザーの一定の休眠期間です。非アクティブ期間が7日間に設定されている場合、すべてのユーザーは、Adjust内でリアトリビューションの対象となる前に7日間連続で非アクティブである必要があります。

Adjustでのデフォルトの非アクティブ期間は7日間です。ただし、AdjustでBusiness Pro以上の料金プランをご利用のお客様は、非アクティブ期間をカスタマイズすることが可能です。

リアトリビューション期間とは

リアトリビューション期間は、リアトリビューションの潜在的な流入元としてエンゲージメントの記録が保持される最長時間を指します。

Adjustでのデフォルトのリアトリビューション期間は7日間です。ただし、AdjustでBusiness Pro以上の料金プランをご利用のお客様は、リアトリビューション期間をカスタマイズすることが可能です。

リアトリビューションの要件

ユーザーがAdjust内でリアトリビュートされるには、次の要件を満たす必要があります。
  • Adjustが計測しているインストール(初回セッション)をトリガーした
  • Adjustが計測しているソース(リアトリビューションソースに該当)にエンゲージしている
  • (非アクティブ期間で定められた)一定の期間、非アクティブである

ユーザーをAdjust内でリアトリビュートする方法 

ユーザーは、次のようなアクティビティを通じて、Adjust内でリアトリビュートできます。
  • (広告IDを含む)AdjustトラッカーURLをクリックする
  • ディープリンクをクリックする
  • セルフアトリビューションネットワークが主張する、新規アプリセッションをトリガーする

Adjustでは同じアプリセッション内でユーザーをリアトリビュートできますか。 

はい。Adjust SDKの一部のバージョンでは、同じアプリセッション内のリアトリビューション(すなわち、インスタントリアトリビューション)をサポートしています。同じアプリセッション内でユーザーをリアトリビュートするには、次の要件を満たす必要があります。 
  • SDKバージョン4.11.4以降を統合している(それ以前のすべてのSDKバージョンでは、初回セッションの完了後にのみユーザーをリアトリビュートできます)
  • トラッカーの非アクティブ期間を0に設定している
:インスタントリアトリビューションは、Adjustのディープリンクテクノロジーを使用する場合にのみ動作します。つまり、ディープリンクのクリックのみがインスタントリアトリビューションの対象となります。 

このトピックについて

このトピックについて