リアトリビューションの計測
Adjustは、新たに計測するソースにエンゲージした後アプリに戻ってきた休眠ユーザーを、リアトリビュートできます。ここでは、Adjustのリアトリビューションの概要とよくある質問を紹介します。

リアトリビューションの基本

リアトリビューションとは、非アクティブユーザーがリターゲティングキャンペーンにエンゲージし、アプリに戻り、Adjustで新たなソースに割り当てられることを指します。

リアトリビューションの対象となるのは以下のユーザーです。
  • デバイスにアプリをインストールしたことがある。
  • リアトリビューションソースに該当するAdjustのインプレッション、またはクリックのトラッカーにエンゲージしたことがある。トラッカーに、元のインストールにアトリビュートされたものとは異なる計測トークンが使用されている。
  • 設定されたリアトリビューション期間内にアプリ内セッションを行なった。(ユーザーがセッションを生成する前にアプリを再インストールする必要がある場合とそうでない場合がある)
  • アプリ内セッションを行う前に、(非アクティブ期間として設定された)一定期間、非アクティブである。
ユーザーがこれらの条件を全て満たす場合、Adjustは最新のアトリビューションソースにあらゆるアプリ内アクティビティをリアトリビュートおよびレポートします。設定にもよりますが、多くの場合ユーザーはリアトリビューションの対象となります。

ヒント:レポートのアトリビューションソースフィルター(Enterprise 以上の料金プランで可能)を使用すると、リアトリビューションソースではなく、元のアトリビューションソースに関連付けられたアプリ内アクティビティを表示できます。

リアトリビューションには以下のアクティビティを計測します。
  • クリックおよびインプレッション(有効な広告IDを持つもの)
  • ディープリンククリック
  • API連携ネットワークが主張するアプリセッション
注:有料広告のユーザーがオーガニックトラフィックとしてリアトリビュートされることはありません。リアトリビューションには、マーケティングに由来するユーザーエンゲージメントが必要なため、Adjustはこれらを他の計測ソースにのみにリアトリビュートします。
 

非アクティブ期間

非アクティブ期間は、ユーザーがリアトリビューションの対象となる前に非アクティブでなければならない期間を定めています。

例えば、非アクティブ期間を7日間に設定した場合、1週間連続してアプリを開かないユーザーがリアトリビューションの対象となります。非アクティブ期間を0日に設定すると、1回のアプリセッションでユーザーをリアトリビュートします。(30分間非アクティブだった後にアプリを開いたユーザーを記録します)。

Adjustでは、非アクティブ期間は自動的に7日間に設定されています。Business Pro以上の料金プランにご契約の場合、非アクティブ期間をカスタマイズできます。

非アクティブ期間の設定
最短:0日
最長:365日
デフォルト:7日

リアトリビューションウィンドウ

リアトリビューション期間は、ユーザーエンゲージメントがリアトリビューションの対象となる期間を定義します。例えば、リアトリビューション期間を7日間に設定した場合、広告にエンゲージしてから1週間以内にアプリを開いたユーザーがリアトリビュートされます。

Adjustでは、クリックのリアトリビューション期間は7日間、インプレッションのリアトリビューション期間は1時間と自動的に設定されています。Business Pro以上の料金プランにご契約の場合、クリックとインプレッション両方のリアトリビューション期間をカスタム設定できます。インプレッションのリアトリビューション期間は、時間単位、または日単位で設定できます。

エンゲージメントリアトリビューション期間の設定有効なIDタイプ
クリック最短:1日
最長:30日
デフォルト:7日
受け入れ可能なデバイスID一覧
インプレッション時間
最短:1時間
最長:24時間
デフォルト:24時間

日数

最短:1日

最長:7日
デフォルト:1日
受け入れ可能なデバイスID一覧

リアトリビューションの計測

Adjustは、クリック、インプレッション、ディープリンククリックおよびKPI連携ネットワーク経由でリアトリビューションを計測します。

クリックによるリアトリビューション

クリックのリアトリビューション計測

有効な広告IDを持つ全てのクリックがリアトリビューションの対象となります。Adjustはセッションを計測する度に、アプリの非アクティブ期間に基づいて、ユーザーをリアトリビュートできるかどうかを確認します。該当する場合、Adjustはリアトリビューション期間内の有効なクリックを見つけ、そのソースにユーザーをリアトリビュートします。

広告IDを含むトラッカーURLの例:
https://app.adjust.com/abc123?idfa=<idfa>

クリックのリアトリビューション計測を停止する

アプリレベルでクリックベースのリアトリビューションをOFFにするには、こちらの手順に従ってください。 Enterprise以上の料金プランにご契約の場合は、トラッカーレベルでリアトリビューション設定を管理できます。また別のオプションとして、AdjustトラッカーURLのクエリ文字列に rt=0を追加する方法があります。rt=0を含むクリックは、インストールのアトリビューションのみに使用され、リアトリビューションの対象外となります。


rt=0を含む トラッカーURLの例

https://app.adjust.com/abc123?campaign=UA-only&rt=0

インプレッションのリアトリビューション

インプレッションのリアトリビューション計測

有効な広告IDを持つインプレッションがリアトリビューションの対象となります(Adjustでインプレッションを計測する場合)。Adjustはセッションを計測する度に、アプリの非アクティブ期間に基づいて、ユーザーをリアトリビュートできるかどうかを確認します。リアトリビュートできる場合、リアトリビューション期間内の有効なクリックにユーザーをリアトリビュートします。

(リアトリビューションの対象となる)広告IDを含むトラッカーURLの例:
https://view.adjust.com/abc123?idfa=<idfa>

インプレッションのリアトリビューション計測を停止する

アプリレベルでインプレッションベースのリアトリビューションをOFFにするには、こちらの手順に従ってください。Enterprise以上の料金プランをご契約の場合は、トラッカーレベルでリアトリビューション設定ができます。

ディープリンククリックのリアトリビューション

ここでは、Adjustのリアトリビューションの対象となるダイレクトディープリンク(アプリ固有のドメインを持つURL)を作成する方法を説明します。

参考情報
  • インダイレクトディープリンク(ディープリンク機能を持つAdjustトラッカーURL)のリアトリビューションについては、クリックのリアトリビューションを参照してください。
  • Adjustはダイレクトディープリンクのクリックからクリックデータを受信しないため、これらのキャンペーンではリアトリビューションのみが表示されます(クリックなし)。
ディープリンククリックのリアトリビューションを計測するには、以下の手順に従ってください。
  1. 該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。
  2. トラッカーURL (Tracker URLs) > 新規トラッカーの追加 (NEW TRACKER) の順に選択します。
  3. トラッカー名を入力します。
  4. クイック作成 (QUICK CREATE) を選択します。
  5. トラッカーリストの一番上に新しいトラッカーが表示されます。コピー(クリップボードアイコン)を選択し、Adjustのトラッカートークン(例:abc123)をコピーします。
  6. テキストエディターで、ディープリンクのクエリ文字列にadjust_tracker=your_tokenを追加します。AdjustでOSバージョンごとにアプリを分けている場合、追加のトラッカートークンを追加して(_で区切る)、クロスプラットフォームディープリンクを作成できます。
    • 1つのトラッカートークンを含むディープリンクの例:myapp://invite?adjust_tracker=abc123
    • 2つのトラッカートークンを含むディープリンクの例:myapp://invite?adjust_tracker=abc123_def456
  7. 任意のAdjustキャンペーンパラメーターを追加します。
    myapp://invite?adjust_tracker=abc123&adjust_campaign=Promo_1&adjust_adgroup=18-24&adjust_creative=balloons
このURLをネットワークに送信すると、キャンペーンを計測できるようになります。

API連携パートナー経由のリアトリビューション

API連携パートナー経由のリアトリビューション計測

Adjustは、API連携パートナー経由のリアトリビューションを自動的に計測します。追加設定は不要です。連携している全てのAPI連携パートナーに全てのアプリセッションを送信します。パートナーがエンゲージメントアクティビティを確認し、ユーザーのデバイスがAdjustのリアトリビューションの対象となる場合、そのアクティビティは該当するAPI連携パートナーにリアトリビュートされます。

API連携パートナー経由のリアトリビューション計測を停止する

AdjustがAPI連携パートナーにユーザーをリアトリビュートするのを停止する場合は、以下の手順に従ってください。
  1.  該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。
  2. パートナー設定 (Partner Setup)を選択します。
  3. API連携ネットワークを選択します。
  4. リアトリビューションの有効化をOFFにします。
これで、全てのAPI連携パートナー経由のリアトリビューション計測が停止されます。

リアトリビューションのよくある質問

自社のサーバーやクラウドストレージにリアトリビューションデータを送信するにはどうすればよいですか?

リアルタイムコールバックおよび/あるいはCSVアップロードを設定し、計測されたリアトリビューションのローデータを受信できます。

ネットワークにリアトリビューションコールバックを送信できますか?

はい、可能です。Adjustは一部のネットワークパートナーに、リアトリビューションコールバックを自動送信しています。

連携済みの他のリターゲティングパートナーに対しては、エンコードされたコールバックをトラッカーURLパラメーターとして追加できます。リアトリビューションのみならreattribution_callback、リアトリビューションと新規インストールの両方ならconversion_callbackを追加する方法があります。リアトリビューションコールバックについてご不明な点がありましたら、wizards@adjust.comまでお問い合わせください。

Adjustでは同じアプリセッション内でユーザーをリアトリビュートできますか。 

はい、可能です。これはインスタントリアトリビューションと呼ばれます。同じアプリセッション内でユーザーをリアトリビュートするには、非アクティブ期間を0日に設定し、Adjust SDKバージョン4.11.4以降を実装してください。(それ以前の全てのSDKバージョンでは、初回セッションの完了後にのみユーザーをリアトリビュートできます)

注:ディープリンクのクリックのみがインスタントリアトリビューションの対象となります。 

リアトリビューション数を減らすにはどうしたらよいですか?

Adjustでリアトリビューション数を減らすには、非アクティブ期間を長く設定してください。非アクティブ期間を365日間に設定した場合、1年間連続して非アクティブなユーザーのみがリアトリビューションの対象となります。 

このトピックについて

このトピックについて