基本的なイベント設定

イベント計測により、ユーザーアクティビティが計測できます。ユーザーアクティビティには登録、ログインまたは購入イベントが含まれます。基本的なイベントデータを取得することで、コンバージョンチェーンに関するインサイトが得られ、ユーザージャーニーの要点を把握でき、アプリ成長の機会が明らかになります。 

Adjustでイベントを計測するには、基本的な設定手順を参考にしてください。完了したらイベントの詳細設定に移動して、連携設定をカスタマイズしてください。

Adjustは、次の2つの方法でイベントを計測します。

  • Adjust SDKによる計測

  • サーバー間 (S2S) 連携による計測

どちらの方法も効果的ですが、SDKで計測するにはコードに直接変更を加える必要があるため、より多く開発者の時間を必要とします。いずれの方法を選択するにしても、早い段階でアプリ開発者に相談した上で連携設定を実施してください。

事前準備

事前に以下の内容をご確認ください。

参考

  • Adjustは次のアクティビティを自動計測するため、これらに対してイベントを作成する必要はありません。

    • インプレッション

    • クリック

    • インストール

    • セッション

    • リアトリビューション

    • 更新されたアトリビューション

  • Adjustはイベントごとに最大1MBのデータを処理し、必要な情報を常に受け取れるようにします。 

イベントトークンの作成

Adjustはイベントを計測するのに、イベントトークンと呼ばれるユニークなIDを使用します。イベントトークンを作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. 管理画面で、該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。

  2. その他の設定 (All Settings) > イベント (Events) を選択します。

  3. モジュール下部の新規イベントを追加 (CREATE NEW EVENT) にイベント名を入力します。 

  4. 作成 (CREATE)を選択します。

Adjust SDKでイベントを計測

イベントトークンが作成され、イベント計測が設定できるようになりました。前述の通り、AdjustはSDK内、またはサーバー間連携による2つの方法でイベントを計測します。

Adjust SDKでイベント計測を設定するには、Githubの開発者向けガイドの手順に従ってください。

サーバー間イベントの計測 

サーバー間 (S2S) イベントの計測により、アプリの外部で起こるイベントを計測できます。この方法を使用すると、Adjust SDKのコードサイズも縮小されます。

サーバー間 (S2S)イベントの計測を設定するには、データ送信の要件に従ってください。 

必要条件

  • 各Adjustイベントトークンで、S2Sイベントを発生順に送信してください。例えば、同じトークンで7日目のイベントの前に3日目のイベントを送信します(そうでない場合は拒否されます)。

  • 28日以内にS2Sイベントを送信してください(時間が経過するとアクティビティは拒否されます)。

Adjustにイベントを送信するには、常に次のパラメータを https://s2s.adjust.com/event に渡してください。
 
パラメーター説明
idfa; gps_adid; など 
(プラットフォームに依存)

広告ID

idfa=D2CADB5F-410F-4963-AC0C-2A78534BDF1E

gps_adid=660e1d86-6796-463a-be86-897993136018
event_token管理画面で取得できるAdjustイベントトークンevent_token=f0ob4r
app_token管理画面で取得できるAdjustアプリトークンapp_token=4w565xzmb54d
created_atタイムゾーンを含む、イベントがトリガーされた場合のエンコード済みローカルタイムスタンプcreated_at=2016-01-02T15%3A04%3A05Z-0700
s2s1に設定されたS2Sパラメーター1

created_atパラメーターの条件

created_at パラメーターは、サーバーがイベントを記録したその瞬間を示すため、最も正確なタイムスタンプです。これにより、Adjustはイベントの正確なレポートを提供できます。 

  • サーバー側のイベントコールには、常にタイムゾーンを含める必要があります。含まれていない場合、AdjustはReceivedAtをデフォルトのタイムスタンプとして設定します。

  • +を含むタイムゾーン(例:Z+200)をエンコードします。例えば、2017-01-02T15:04:05Z+0200created_at=2017-01-02T15%cA04%3A05Z%2B0200になります。

  • Unixのタイムスタンプを使用している場合は、created_at_unixパラメーターを使用する必要があります。(例:created_at_unix=1484085154
    • Adjustが実装しているUnixタイムスタンプは、浮動小数点値および数字以外の文字を一切サポートしていません(小数点(.)を含む)。数字以外の文字を含むタイムスタンプも受信を拒否されます。

イベント送信に推奨されるその他のパラメータ

イベントのアトリビューションを正確に計測ために、イベントに次のパラメーターを含めることをおすすめします。

デバイスID

Android

android_id=

iOS

idfv=

Adjust IDadid=

IPアドレス

サードパーティ(Googleなど)のイベント連携と、Adjustのコールバックに位置関連情報(city、postal_codeなど)を含めるのにIPアドレスを使用します。

IPアドレス

ip_address=

設定の完了

Example S2S event query: 

http://s2s.adjust.com/event?s2s=1&event_token=f0ob4r&app_token=4w565xzmb54d&idfa=D2CADB5F-410F-4963-AC0C-2A78534BDF1E&created_at=2016-01-02T15%3A04%3A05Z-0700&callback_params=%7B%22f0o%22%3A%22bar%22%2C%20%22bar%22%3A%22baz%22%7D

正常に計測されたすべてのイベントは、OKを示す応答を返します。

エラーを受信した場合には、Adjustが送信されたデバイスIDを認識しなかった可能性があります。ご不明な点がありましたら、support@adjust.comにお問い合わせください。 

GoogleタグとAdjustのイベントを計測する

タグとは、アプリに第三者の製品を実装するために使用する短いコードです。Googleタグマネージャ(GTM)を使用すれば、あらゆるソースファイルでこれらのタグを管理できます。 

GTMとのサーバー間連携により、Adjustでアプリ内イベントとしてタグを計測することが可能です。これにより、GTMはGoogleのサーバーからAdjustのエンドポイントにイベントをプッシュするため、イベント計測を重複して行う必要がなくなります。 

要件: 

  • Googleタグマネージャを設定するには、アプリにFirebase SDKが実装されていることを確認してください。また、登録されたGTMアカウントが必要です。

  • Adjust SDKがアプリに実装されており、インストールを登録していることを確認してください。そうでない場合、Adjustはイベントをデバイスと一致させることができません。

  • AdjustとGTM間でイベントをマッピングするには、Adjust上でのアプリとイベントトークンが必要になります。

    • アプリトークンを取得するには、管理画面で該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。

    • イベントトークンを取得するには、その他の設定 (All Settings) > イベント (Events) を選択します。

参考情報:

  • GTMでのイベント計測を正常に設定できたら、Adjustが同じイベントを計測していないことを確認してください。同じイベントを計測している場合、Adjustの管理画面に重複したレポートが表示されます。

Googleタグマネージャでのイベント計測を設定する

Googleタグマネージャの設定と高度な設定を確認するには、AndroidiOS用のGoogleの開発者向けドキュメントをご覧ください。GTMの管理画面でGoogleタグマネージャのイベント計測を設定するには、次の手順を実行してください。 

  1. Googleタグマネージャのアカウントにログインし、コンテナ (Container) セクションを選択します。

  2. Add New Tagを選択し、タグタイプの選択 (Select Tag Type) で下にスクロールし、Adjustを追加します。

  3. Tag Configurationで、Adjustのアプリトークンとイベントトークンを入力します。

  4. 必要に応じて、収益イベント、またはAdjustのサンドボックス環境で計測したいイベントの構成設定を確認してください。

  5. 各タグを使用して計測しているコールバックまたはパートナーパラメーターを連携します。

  6. トリガー (Triggering) で、タグをトリガーするアプリ内イベントを決定します。すべてのイベントを選択することも、ルールや例外を定義することも可能です。

  7. Create Tagを選択します。

これで、AdjustでGoogleタグをイベントとして計測できるようになりました。 

このトピックについて