アプリイベントの管理
ここでは、アプリ内イベントの表示または非表示方法および計測の終了方法を紹介します。

事前準備

事前に以下の内容をご確認ください。

参考

  • Adjustは非表示のイベントを全て計測し続けます。  
  • Adjustでは、3ヶ月以上経過しかつ計測された履歴のないイベントを自動的に非表示にします。非表示のイベントがトリガーされると、Adjustは自動的にそのイベントをアクティブなイベントリストと管理画面のレポートに表示します。
  • 非表示のイベントのデータは全て、KPIサービスによってエクスポートできます。 

アプリイ内ベントを非表示にする

使用していないイベントを非表示にして、アプリ内イベントのファネルを最新の状態に保ちましょう。 

イベントを非表示にするには、以下の手順に従ってください。 

  1. 該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。

  2. その他の設定 (All Settings) > イベント (Events) を選択します。

  3. 該当するイベントの非表示にする (Hide)(目のアイコン)を選択します。

  4. 非表示にすることを確認します。 

設定が完了しました。イベントは管理画面に表示されなくなります。

イベントを再表示する

非表示にしたイベントを再度表示することも可能です。イベントを再度表示させると、非表示になっていた間に計測されたアクティビティを含む全てのデータが管理画面に表示されます。   

非表示にしたイベントを表示させるには、以下の手順に従ってください。

  1. 該当アプリの下部に表示されている(▲)ボタンを選択します。

  2. その他の設定 (All Settings) > イベント (Events) を選択します。

  3. 非表示のイベントを表示する (Show hidden events) にチェックを入れます。 

  4. 表示させたいイベントで再表示する (Unhide)(目のアイコン)を選択します。

管理画面に、イベントの新たなデータおよびこれまで計測されたデータが表示されます。これには、非表示になっていた間のイベントコンバーションのデータも含まれます。

アプリ内イベントの計測を終了する

イベントの計測を永久的に終了する場合、Adjust管理画面外で無効にする必要があります。イベント計測の実装方法によって手順が異なりますので、それぞれ以下の手順に従ってください。

Adjust SDKで計測しているイベントの場合

Adjust SDKでイベントを計測している場合、Adjust SDKからイベントトークンを削除し、ストアにアプリを再送信してください。

サーバー間で計測しているイベントの場合

サーバー側でイベントを計測している場合、関連するPOSTリクエストのAdjustエンドポイントへの送信を停止してください ( https://s2s.adjust.com/event)。Adjustのイベント計測は全てアプリ外で発生するため、Adjust SDKを変更する必要はありません。 

このトピックについて