SDKの機能とリリース
Adjust SDKは、サポート対象のすべての開発プラットフォームでアップデートを定期的に受信します。ここでは、各リリースで追加された重要な機能のアップデートを確認できます。

iOS

最新バージョン:4.18.3
初回リリース:2012年7月30日
README前提条件:

  • 開発プラットフォーム:Xcode

iOS Adjust SDKのGitHubリポジトリ
最新機能(バージョン4.0.0-4.18.3)
日付が新しい順:

  • Pushトークンの解析に関するiOS 13のバグを修正
  • MoPubとの連携による、リアルタイムのデバイスレベルの広告収益計測を導入
  • Facebookの fb_anon_id へのサポートを追加
  • SDKを再有効化しiAdの情報を取得する修正を含む
  • 最新のAdjust SDKのバージョン情報へ容易にアクセスが可能
  • イベントコールバックIDの導入により、イベントのsuccess/failureコールバックを改善
  • Facebook SDKを使用せずにFacebookピクセルイベントをアプリ内イベントに変換できるWebviewブリッジなどを含む
  • iMessageアプリのアトリビューション、アプリ内セッション、アプリ内イベントトラッキングのサポート
  • SDKの初期化前に受け取るとデータがキャッシュされるディープリンク
  • アプリシークレットのサポート
  • リアトリビューションの即時適格性
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • ネイティブWebアプリのトラッキングをサポート
  • Carthageで使用できるAdjust SDK
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • Apple Search Adsのサポート
  • Trademobプラグインのサポート
  • SDKバージョン4.4.2以降ではiOS 5は非推奨
  • Apple TVアプリをトラッキング
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信
  • Sociomanticプラグインのサポート
  • Criteoプラグインのサポート
  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信

コア機能(バージョン3.4.0以前)
日付が新しい順:

  • ディファード・ディープリンクのサポート
  • Mixpanelプラグインのサポート
  • ディープリンクのサポート
  • Adjust SDKの有効化/無効化により、すべてのトラッキングを即時有効化/無効化
  • 追跡型広告の制限(LAT)が有効になっているか確認(iOSではバージョン2.1.0以降、)
  • CocoaPodsで使用できるAdjust SDK
  • HTTPSプロトコルのサポートにより、さらに強固なセキュリティを実現
  • 広告用ID(IDFA)のトラッキング
  • 端末タイプのトラッキング
  • 端末名のトラッキング
  • イベントとともに送信される収益

Android

最新バージョン:4.18.3
初回リリース:2012年10月24日
README前提条件

  • 開発プラットフォーム:Android Studio
  • ターゲット:APIレベル9(Gingerbread)以降

Android Adjust SDKのGitHubリポジトリ


最新機能(バージョン4.0.0-4.18.3)
日付が新しい順:

  • OAIDプラグインのサポート
  • MoPubとの連携による、リアルタイムのデバイスレベルの広告収益計測を導入
  • 最新のAdjust SDKのバージョン情報へ容易にアクセスが可能
  • イベントコールバックIDの導入により、イベントのsuccess/failureコールバックを改善
  • Facebook SDKを使用せずにFacebookピクセルイベントをアプリ内イベントに変換できるWebviewブリッジなどを含む
  • SDKの初期化前に受け取るとデータがキャッシュされるディープリンク
  • ユーザーの忘れられる権利のリクエストをAdjustに通知(GDPR)
  • 新しいGoogle Playストアリファラーにより、サードパーティアプリストアのインストールをサポート
  • 新しいPlayストアリファラーにより、プリインストールキャンペーンをサポート
  • アプリシークレットのサポート
  • リアトリビューションの即時適格性
  • Amazon Fire広告IDのトラッキング
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • プリインストールキャンペーンおよびサードパーティアプリストアのトラッキング
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • Trademobプラグインのサポート
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信
  • Sociomanticプラグインのサポート
  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信

コア機能(バージョン3.6.2以前)
日付が新しい順:

  • ディファード・ディープリンクのサポート
  • 追跡型広告を制限(LAT)が有効になっているか確認(バージョン3.3.5以降)
  • ディープリンクのサポート
  • Adjust SDKの有効化/無効化により、すべてのトラッキングを即時有効化/無効化
  • Google Playストア広告ID(GPS_ADID)のトラッキング

Windows

最新バージョン:4.17.0
初回リリース:2012年7月30日
README前提条件

  • Visual Studio 2015以降では、最新のNuGetパッケージマネージャーがインストールされています。

Windows Adjust SDKのGitHubリポジトリ
最新機能(バージョン4.17.0)
日付が新しい順:

  • 最新のAdjust SDKのバージョン情報へ容易にアクセスが可能
  • イベントコールバックIDの導入により、イベントのsuccess/failureコールバックを改善
  • SDKの初期化前に受け取るとデータがキャッシュされるディープリンク
  • ユーザーの忘れられる権利のリクエストをAdjustに通知(GDPR)
  • アプリシークレットのサポート
  • Windows Phone 8.0のサポートを終了
  • リアトリビューションの即時適格性
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信

コア機能(バージョン1.0–4.0.3)
日付が新しい順:

Adobe AIR

最新バージョン:4.17.0
初回リリース:2013年11月22日
サポート対象プラットフォーム:iOSおよびAndroid
README前提条件:なし
Adobe AIR Adjust SDK GitHubリポジトリ
最新機能(バージョン4.0.0–4.17.0)
日付が新しい順

  • 最新のAdjust SDKのバージョン情報へ容易にアクセスが可能
  • イベントコールバックIDの導入により、イベントのsuccess/failureコールバックを改善
  • SDKの初期化前に受け取るとデータがキャッシュされるディープリンク
  • ユーザーの忘れられる権利のリクエストをAdjustに通知(GDPR)
  • 新しいGoogle Playストアリファラーにより、サードパーティアプリストアのインストールをサポート
  • 新しいPlayストアリファラーにより、プリインストールキャンペーンをサポート
  • アプリシークレットのサポート
  • リアトリビューションの即時適格性
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • Amazon Fire広告IDのトラッキング
  • ネイティブWebアプリのトラッキングをサポート
  • プリインストールキャンペーンおよびサードパーティアプリストアのトラッキング
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • Carthageで使用できるAdjust SDK
  • Apple Search Adsのサポート
  • Trademobプラグインのサポート
  • SDKバージョン4.4.2以降ではiOS 5は非推奨
  • Apple TVアプリをトラッキング
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信
  • Sociomanticプラグインのサポート
  • Criteoプラグインのサポート
  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信

コア機能(バージョン3.4.3以前)
日付が新しい順:

  • Adjust SDKの有効化/無効化により、すべてのトラッキングを即時有効化/無効化
  • Google Playストア広告ID(GPS_ADID)のトラッキング
  • ディファード・ディープリンクのサポート
  • Mixpanelプラグインのサポート
  • ディープリンクのサポート
  • Adjust SDKの有効化/無効化により、すべてのトラッキングを即時有効化/無効化
  • 追跡型広告を制限(LAT)が有効になっているか確認(iOSではバージョン2.1.0以降、Androidでは3.3.5以降)
  • CocoaPodsで使用できるAdjust SDK
  • HTTPSプロトコルのサポートにより、さらに強固なセキュリティを実現
  • 広告ID(IDFA)のトラッキング
  • 端末タイプのトラッキング
  • 端末名のトラッキング
  • イベントとともに送信される収益

Unity

最新バージョン:4.18.2
初回リリース:2013年12月6日
サポート対象プラットフォーム:iOS、Android、Windows 8.1、Windows Phone 8.1
サポート対象開発プラットフォームバージョン:Unity IDEバージョン4、Unity IDEバージョン5
README前提条件:なし
Unity Adjust SDK GitHubリポジトリ
最新機能(バージョン4.0.0–4.18.2)
日付が新しい順:

  • OAIDプラグインのサポート
  • Unity 2019.2.0でAdjust SDKの初期化ができないバグを修正(Unity 2019.2.0以降をお使いの場合は、4.18.0またはそれ以降のバージョンのAdjust SDKをお使いください)
  • MoPubとの連携による、リアルタイムのデバイスレベルの広告収益計測を導入
  • 最新のAdjust SDKのバージョン情報へ容易にアクセスが可能
  • イベントコールバックIDの導入により、イベントのsuccess/failureコールバックを改善
  • SDKの初期化前に受け取るとデータがキャッシュされるディープリンク
  • ユーザーの忘れられる権利のリクエストをAdjustに通知(GDPR)
  • 新しいGoogle Playストアリファラーにより、サードパーティアプリストアのインストールをサポート
  • 新しいPlayストアリファラーにより、プリインストールキャンペーンをサポート
  • アプリシークレットのサポート
  • リアトリビューションの即時適格性
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • Amazon Fire広告IDのトラッキング
  • プリインストールキャンペーンおよびサードパーティアプリストアのトラッキング
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • ネイティブWebアプリのトラッキングをサポート
  • Carthageで使用できるAdjust SDK
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • Apple Search Adsのサポート
  • Trademobプラグインのサポート
  • SDKバージョン4.4.2以降ではiOS 5は非推奨
  • Apple TVアプリをトラッキング
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信
  • Sociomanticプラグインのサポート
  • Criteoプラグインのサポート
  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信

コア機能(バージョン3.4.4以前)
日付が新しい順:

  • Adjust SDKの有効化/無効化により、トラッキングを即時有効化/無効化
  • ディファード・ディープリンクのサポート
  • Mixpanelプラグインのサポート
  • ディープリンクのサポート
  • 追跡型広告を制限(LAT)が有効になっているか確認(iOSではバージョン2.1.0以降、Androidでは3.3.5以降)
  • CocoaPodsで使用できるAdjust SDK
  • HTTPSプロトコルのサポートにより、さらに強固なセキュリティを実現
  • 広告ID(IDFA)のトラッキング
  • 端末タイプのトラッキング
  • 端末名のトラッキング
  • イベントとともに送信される収益
  • Google Playストア広告ID(GPS_ADID)のトラッキング

Cordova

最新バージョン:4.18.0
初回リリース:2014年3月20日
サポート対象プラットフォーム:Android 4.0.0以降、およびiOS 3.0.0以降
README前提条件:なし
Cordova Adjust SDK GitHubリポジトリ
最新機能(バージョン4.0.0–4.18.0)
日付が新しい順:

  • MoPub広告収益計測のサポート
  • Facebookの fb_anon_id へのサポートを追加
  • イベントコールバックIDの導入により、イベントのsuccess/failureコールバックを改善
  • Ionic Nativeのサポートを追加
  • 最新のAdjust SDKのバージョン情報へ容易にアクセスが可能
  • SDKの初期化前に受け取るとデータがキャッシュされるディープリンク
  • ユーザーの忘れられる権利のリクエストをAdjustに通知(GDPR)
  • 新しいGoogle Playストアリファラーにより、サードパーティアプリストアのインストールをサポート
  • 新しいPlayストアリファラーにより、プリインストールキャンペーンをサポート
  • アプリシークレットのサポート
  • リアトリビューションの即時適格性
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • Amazon Fire広告IDのトラッキング
  • プリインストールキャンペーンおよびサードパーティアプリストアのトラッキング
  • Cocoonで使用できるAdjust SDK
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • ネイティブWebアプリのトラッキングをサポート
  • Carthageで使用できるAdjust SDK
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • Apple Search Adsのサポート
  • Trademobプラグインのサポート
  • SDKバージョン4.4.2以降ではiOS 5は非推奨
  • Apple TVアプリをトラッキング
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信
  • Sociomanticプラグインのサポート
  • Criteoプラグインのサポート
  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信

コア機能(バージョン3.4.1以前)
日付が新しい順:

  • Adjust SDKの有効化/無効化により、トラッキングを即時有効化/無効化
  • ディファード・ディープリンクのサポート
  • Mixpanelプラグインのサポート
  • ディープリンクのサポート
  • 追跡型広告を制限(LAT)が有効になっているか確認(iOSではバージョン2.1.0以降、Androidでは3.3.5以降)
  • CocoaPodsで使用できるAdjust SDK
  • HTTPSプロトコルのサポートにより、さらに強固なセキュリティを実現
  • 広告ID(IDFA)のトラッキング
  • 端末タイプのトラッキング
  • 端末名のトラッキング
  • イベントとともに送信される収益
  • Google Playストア広告ID(GPS_ADID)のトラッキング

Marmalade

最新バージョン4.14.0
初回リリース:2015年10月7日
サポート対象プラットフォーム:iOSおよびAndroid
README前提条件:

  • 開発プラットフォーム:Marmalade 8.6.0以降

Marmalade Adjust SDKのGitHubリポジトリ
最新機能(バージョン4.0.0–4.14.0)
日付が新しい順:

  • SDKの初期化前に受け取るとデータがキャッシュされるディープリンク
  • ユーザーの忘れられる権利のリクエストをAdjustに通知(GDPR)
  • 新しいGoogle Playストアリファラーにより、サードパーティアプリストアのインストールをサポート
  • 新しいPlayストアリファラーにより、プリインストールキャンペーンをサポート
  • アプリシークレットのサポート
  • リアトリビューションの即時適格性
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • Amazon Fire広告IDのトラッキング
  • プリインストールキャンペーンおよびサードパーティアプリストアのトラッキング
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • ネイティブWebアプリのトラッキングをサポート
  • Apple Search Adsのサポート
  • Carthageで使用できるAdjust SDK
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • Apple Search Adsのサポート
  • Trademobプラグインのサポート
  • SDKバージョン4.4.2以降ではiOS 5は非推奨
  • Apple TVアプリをトラッキング
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信
  • Sociomanticプラグインのサポート
  • Criteoプラグインのサポート
  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信

コア機能(リリース時から使用可能)

  • ディファード・ディープリンクのサポート
  • Mixpanelプラグインのサポート
  • ディープリンクのサポート
  • Adjust SDKの有効化/無効化により、すべてのトラッキングを即時有効化/無効化
  • 追跡型広告の制限(LAT)が有効になっているか確認
  • CocoaPodsで使用できるAdjust SDK
  • HTTPSプロトコルのサポートにより、さらに強固なセキュリティを実現
  • 広告ID(IDFA)のトラッキング
  • 端末タイプのトラッキング
  • 端末名のトラッキング
  • イベントとともに送信される収益
  • Google Playストア広告ID(GPS_ADID)のトラッキング

Xamarin

最新バージョン:4.18.0
初回リリース:2015年5月12日
サポート対象プラットフォーム:iOSおよびAndroid
README前提条件:

  • 開発プラットフォーム:Xamarin StudioまたはVisual Studio

Xamarin Adjust SDKのGitHubリポジトリ
最新機能(バージョン4.0.1–4.18.0)
日付が新しい順:

  • MoPub広告収益計測のサポート
  • Facebookの fb_anon_id へのサポートを追加
  • イベントコールバックIDの導入により、イベントのsuccess/failureコールバックを改善
  • 最新のAdjust SDKバージョンへ容易にアクセスが可能。SDKの初期化前にディープリンクにキャッシュされた情報
  • ユーザーの忘れられる権利のリクエストをAdjustに通知(GDPR)
  • 新しいGoogle Playストアリファラーにより、サードパーティアプリストアのインストールをサポート
  • 新しいPlayストアリファラーにより、プリインストールキャンペーンをサポート
  • アプリシークレットのサポート
  • リアトリビューションの即時適格性
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • Amazon Fire広告IDのトラッキング
  • プリインストールキャンペーンおよびサードパーティアプリストアのトラッキング
  • ネイティブWebアプリのトラッキングをサポート
  • Apple Search Adsのサポート
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • Carthageで使用できるAdjust SDK
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • Apple Search Adsのサポート
  • Trademobプラグインのサポート
  • SDKバージョン4.4.2以降ではiOS 5は非推奨
  • Apple TVアプリをトラッキング
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信
  • Sociomanticプラグインのサポート
  • Criteoプラグインのサポート

コア機能(リリース時から使用可能)

  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信
  • ディファード・ディープリンクのサポート
  • Mixpanelプラグインのサポート
  • ディープリンクのサポート
  • Adjust SDKの有効化/無効化により、すべてのトラッキングを即時有効化/無効化
  • 追跡型広告の制限(LAT)が有効になっているか確認
  • CocoaPodsで使用できるAdjust SDK
  • HTTPSプロトコルのサポートにより、さらに強固なセキュリティを実現
  • 広告ID(IDFA)のトラッキング
  • 端末タイプのトラッキング
  • 端末名のトラッキング
  • イベントとともに送信される収益
  • Google Playストア広告ID(GPS_ADID)のトラッキング

Cocos2d-x

最新バージョン:4.18.0
初回リリース:2015年6月25日
サポート対象プラットフォーム:iOS、Android、Windows、およびWindows Phone
README前提条件:

  • 開発プラットフォーム:Androidアプリを開発する場合、Android StudioとEclipseそれぞれの手順があります。

Cocos2d-x Adjust SDKのGitHubリポジトリ
最新機能(バージョン4.0.1–4.18.0)
日付が新しい順:

  • MoPub広告収益計測のサポート
  • Facebookの fb_anon_id へのサポートを追加
  • イベントコールバックIDの導入により、イベントのsuccess/failureコールバックを改善
  • SDKの初期化前に受け取るとデータがキャッシュされるディープリンク
  • ユーザーの忘れられる権利のリクエストをAdjustに通知(GDPR)
  • 新しいGoogle Playストアリファラーにより、サードパーティアプリストアのインストールをサポート
  • 新しいPlayストアリファラーにより、プリインストールキャンペーンをサポート
  • アプリシークレットのサポート
  • リアトリビューションの即時適格性
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • Amazon Fire広告IDのトラッキング
  • プリインストールキャンペーンおよびサードパーティアプリストアのトラッキング
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • ネイティブWebアプリのトラッキングをサポート
  • Windowsのサポート
  • Carthageで使用できるAdjust SDK
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • Apple Search Adsのサポート
  • Trademobプラグインのサポート
  • SDKバージョン4.4.2以降ではiOS 5は非推奨
  • Apple TVアプリをトラッキング
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信

コア機能(リリース時から使用可能)

  • Sociomanticプラグインのサポート
  • Criteoプラグインのサポート
  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信
  • ディファード・ディープリンクのサポート
  • Mixpanelプラグインのサポート
  • ディープリンクのサポート
  • Adjust SDKの有効化/無効化により、すべてのトラッキングを即時有効化/無効化
  • 追跡型広告の制限(LAT)が有効になっているか確認
  • CocoaPodsで使用できるAdjust SDK
  • HTTPSプロトコルのサポートにより、さらに強固なセキュリティを実現
  • 広告ID(IDFA)のトラッキング
  • 端末タイプのトラッキング
  • 端末名のトラッキング
  • イベントとともに送信される収益
  • Google Playストア広告ID(GPS_ADID)のトラッキング

React Native

最新バージョン:4.18.1
初回リリース:2016年12月1日
サポート対象プラットフォーム:iOSおよびAndroid
README前提条件:なし
React Native Adjust SDK GitHubリポジトリ
最新機能(バージョン4.10.0–4.18.1)
日付が新しい順:

コア機能(リリース時から使用可能)

  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • ネイティブWebアプリのトラッキングをサポート
  • Carthageで使用できるAdjust SDK
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • Apple Search Adsのサポート
  • Trademobプラグインのサポート
  • Apple TVアプリをトラッキング
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信
  • Sociomanticプラグインのサポート
  • Criteoプラグインのサポート
  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信
  • ディファード・ディープリンクのサポート
  • Mixpanelプラグインのサポート
  • ディープリンクのサポート
  • Adjust SDKの有効化/無効化により、すべてのトラッキングを即時有効化/無効化
  • 追跡型広告の制限(LAT)が有効になっているか確認
  • CocoaPodsで使用できるAdjust SDK
  • HTTPSプロトコルのサポートにより、さらに強固なセキュリティを実現
  • 広告ID(IDFA)のトラッキング
  • 端末タイプのトラッキング
  • 端末名のトラッキング
  • イベントとともに送信される収益
  • Google Playストア広告ID(GPS_ADID)のトラッキング

Titanium

最新バージョン:4.17.0
初回リリース:2017年5月30日
サポート対象プラットフォーム:iOSおよびAndroid
README前提条件:なし
Titanium Adjust SDK GitHubリポジトリ
最新機能(バージョン4.12.0–4.17.0)
日付が新しい順:

コア機能(リリース時から使用可能)

  • リアトリビューションの即時適格性
  • Amazon Fire広告IDのトラッキング
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • ネイティブWebアプリのトラッキングをサポート
  • Carthageで使用できるAdjust SDK
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • Apple Search Adsのサポート
  • Trademobプラグインのサポート
  • Apple TVアプリをトラッキング
  • プリインストールキャンペーンおよびサードパーティアプリストアのトラッキング
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信
  • Sociomanticプラグインのサポート
  • Criteoプラグインのサポート
  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信
  • ディファード・ディープリンクのサポート
  • Mixpanelプラグインのサポート
  • ディープリンクのサポート
  • Adjust SDKの有効化/無効化により、すべてのトラッキングを即時有効化/無効化
  • 追跡型広告の制限(LAT)が有効になっているか確認
  • CocoaPodsで使用できるAdjust SDK
  • HTTPSプロトコルのサポートにより、さらに強固なセキュリティを実現
  • 広告ID(IDFA)のトラッキング
  • 端末タイプのトラッキング
  • 端末名のトラッキング
  • イベントとともに送信される収益
  • Google Playストア広告ID(GPS_ADID)のトラッキング

Corona

最新バージョン:4.18.0
初回リリース:2017年12月22日
サポート対象プラットフォーム:iOSおよびAndroid
README前提条件:なし
Corona Adjust SDK GitHubリポジトリ
最新機能(バージョン4.12.0–4.18.0)
日付が新しい順:

  • MoPub広告収益計測のサポート
  • Facebookの fb_anon_id へのサポートを追加
  • イベントコールバックIDの導入により、イベントのsuccess/failureコールバックを改善
  • SDKの初期化前に受け取るとデータがキャッシュされるディープリンク
  • ユーザーの忘れられる権利のリクエストをAdjustに通知(GDPR)

コア機能(リリース時から使用可能)

Flutter

最新バージョン:4.18.1
初回リリース:2018年12月4日
サポート対象プラットフォーム:iOSおよびAndroid
README前提条件:なし
Flutter Adjust SDK GitHubリポジトリ
コア機能(リリース時から使用可能)

  • iOSでのgetAdidメソッドのサポート
  • MoPub広告収益計測のサポート
  • Facebookの fb_anon_id へのサポートを追加
  • 最新のAdjust SDKのバージョン情報へ容易にアクセスが可能
  • イベントコールバックIDの導入により、イベントのsuccess/failureコールバックを改善
  • SDKの初期化前に受け取るとデータがキャッシュされるディープリンク
  • ユーザーの忘れられる権利のリクエストをAdjustに通知(GDPR)
  • 新しいGoogle Playストアリファラーにより、サードパーティアプリストアのインストールをサポート
  • 新しいPlayストアリファラーにより、プリインストールキャンペーンをサポート
  • アプリシークレットのサポート
  • リアトリビューションの即時適格性
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • Amazon Fireの広告IDのトラッキング
  • プリインストールキャンペーンおよびサードパーティアプリストアのトラッキング
  • Cocoonで使用できるAdjust SDK
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • ネイティブWebアプリのトラッキングをサポート
  • Carthageで使用できるAdjust SDK
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • Apple Search Adsのサポート
  • Trademobプラグインのサポート
  • SDKバージョン4.4.2以降ではiOS 5は非推奨
  • Apple TVアプリをトラッキング
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信
  • Sociomanticプラグインのサポート
  • Criteoプラグインのサポート
  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信

Unreal

最新バージョン:4.18.0
初回リリース:2019年1月24日
サポート対象プラットフォーム:iOSおよびAndroid
README前提条件:なし
Unreal Adjust SDK GitHubリポジトリ
コア機能(リリース時から使用可能)

  • MoPub広告収益計測のサポート
  • 最新のAdjust SDKのバージョン情報へ容易にアクセスが可能
  • イベントコールバックIDの導入により、イベントのsuccess/failureコールバックを改善
  • ユーザーの忘れられる権利のリクエストをAdjustに通知(GDPR)
  • 新しいGoogle Playストアリファラーにより、サードパーティアプリストアのインストールをサポート
  • 新しいPlayストアリファラーにより、プリインストールキャンペーンをサポート
  • アプリシークレットのサポート
  • リアトリビューションの即時適格性
  • アトリビューションコールバックで使用できるAdjustデバイスID(ADID)
  • Amazon Fireの広告IDのトラッキング
  • プリインストールキャンペーンおよびサードパーティアプリストアのトラッキング
  • Cocoonで使用できるAdjust SDK
  • あらゆるセッションとイベントで起動される、カスタムコールバックパラメーター
  • ネイティブWebアプリのトラッキングをサポート
  • Carthageで使用できるAdjust SDK
  • アプリがバックグラウンドで動作中にイベントをトラッキング
  • Apple Search Adsのサポート
  • Trademobプラグインのサポート
  • SDKバージョン4.4.2以降ではiOS 5は非推奨
  • Apple TVアプリをトラッキング
  • カスタムアトリビューションの詳細をアプリに送信
  • Sociomanticプラグインのサポート
  • Criteoプラグインのサポート
  • 収益イベントの通貨をトラッキング
  • イベントコールバックでカスタムユーザーの詳細をパートナーに送信

OTT SDK

Apple TV

Adjust SDKを使用して、アプリでApple TVからのユーザーを計測するには、以下の手順に従ってください。

1. 既存のアプリトークンを確認する

Adjust管理画面で既存のアプリに移動し、アプリトークンを確認します。このアプリトークンは、Adjust SDKをApple TVアプリに実装する際に使用します。

2. 既存のアプリ用のTVトラッカーを作成する

Adjust管理画面で、既存のアプリの「Apple TV」という名前(または似た名前)のトラッカーURLを作成します。

3. Adjust SDKをApple TVアプリに実装する

次に、「Adjust SDK for iOS」ガイドに従って、Adjust SDKをApple TVアプリに実装します。既存のアプリのアプリトークン(ステップ1を参照)を使用し、tvOSの特定の手順を全て完了するようにしてください。

4. Adjust SDKでTVトラッカーをデフォルトのトラッカーとして設定する

この手順に従って、Apple TVアプリで「Apple TV」をAdjust SDKのデフォルトのトラッカーとして設定します。(Adjust SDKの {TrackerToken} をAdjust管理画面に表示されている「Apple TV」のトラッカートークンに置き換えます。)

設定が完了したら、既存のアプリのApple TVのすべてのユーザーをAdjustで確認できます。

Android TV

Adjust SDKを使用して、アプリでAndroid TVからのユーザーを計測するには、以下の手順に従ってください。

1. 既存のアプリトークンを確認する

Adjust管理画面で既存のアプリに移動し、アプリトークンを確認します。このアプリトークンは、Adjust SDKをAndroid TVアプリに実装する際に使用します。

2. 既存のアプリ用のTVトラッカーを作成する

Adjust管理画面で、既存のアプリの「Android TV」という名前(または似た名前)のトラッカーURLを作成します。

3. Adjust SDKをAndroid TVアプリに実装する

次に、「Adjust SDK for Android」ガイドに従って、Adjust SDKをAndroid TVアプリに実装します。既存のアプリのアプリトークン(ステップ1を参照)を使用し、tvOSの特定の手順を全て完了するようにしてください。

4. Adjust SDKでTVトラッカーをデフォルトのトラッカーとして設定する

この手順に従って、Android TVアプリで「Android TV」をAdjust SDKのデフォルトのトラッカーとして設定します。(Adjust SDKの {TrackerToken} をAdjust管理画面に表示されている「Android TV」のトラッカートークンに置き換えます。)

設定が完了したら、既存のアプリのAndroid TVのすべてのユーザーをAdjustで確認できます。

Amazon Fire TV

Adjust SDKを使用して、アプリでAmazon Fire TVからのユーザーを計測するには、以下の手順に従ってください。

1. 既存のアプリトークンを確認する

Adjust管理画面で既存のアプリに移動し、アプリトークンを確認します。このアプリトークンは、Adjust SDKをAmazon Fire TVアプリに実装する際に使用します。

2. 既存のアプリ用のTVトラッカーを作成する

Adjust管理画面で、既存のアプリの「Amazon Fire TV」という名前(または似た名前)のトラッカーURLを作成します。

3. Adjust SDKをAmazon Fire TVアプリに実装する

次に、「Adjust SDK for Android」ガイドに従って、Adjust SDKをAmazon Fire TVアプリに実装します。既存のアプリのアプリトークン(ステップ1を参照)を使用し、tvOSの特定の手順を全て完了するようにしてください。

4. Adjust SDKでTVトラッカーをデフォルトのトラッカーとして設定する

この手順に従って、Amazon Fire TVアプリで「Amazon Fire TV」をAdjust SDKのデフォルトのトラッカーとして設定します。(Adjust SDKの {TrackerToken} をAdjust管理画面に表示されている「Amazon Fire TV」のトラッカートークンに置き換えます。)

設定が完了したら、既存のアプリのAmazon Fire TVのすべてのユーザーをAdjustで確認できます。

このトピックについて

このトピックについて