Adjust SDKについて
SDKは、開発者がアプリを作成し、既存のアプリに機能(広告、ソーシャルメディア、アトリビューションなど)を追加するのに役立つソフトウェアツールキットです。Adjust SDKは、Adjustによるアトリビューションやアプリ内イベントの計測を可能にします。

 GitHubの 開発者向けガイドから、iOS、Android、Windowなどの各プラットフォーム向けのSDKのセットアップ手順をご覧ください。

SDKはオープンソースです。ソフトウェアを構成するソースコードを誰でも参照、変更、共有できます。以下のことが可能になります。
  • Adjust SDKがどのように機能し、アプリに影響するかを正確に理解する
  • ソフトウェアのどの部分を実装するかを決定する
  • 使用しているコードに直接アクセスして編集する
  • OSの変更やその他のデジタルアップデートに素早く適応する

Adjust SDKについてよくあるご質問

Verboseログとは何ですか?いつ取得する必要がありますか?

詳細ログとは、SDKを実装する際に行うテストの 詳細をまとめたものです。これには警告、エラー、アサーションなどの情報が含まれます。

SDKの実装において問題が発生した場合は、詳細ログを取得してください。問題が特定できない場合は、ログを担当のアカウントマネージャーにお送りください。解決のサポートを行います。

詳細ログを取得するには、次の手順に従ってください。

  1. アプリ環境をサンドボックスモードに設定します(iOSの手順、およびAndroidの手順を参照)。
  2. ログレベルをVerboseに設定してください(iOSの手順、およびAndroidの手順を参照)。
  3. アプリをビルドして実行します。
  4. アプリでテストしたいこと(イベント、セッション、リアトリビューションなど)を実行してください
  5. Android StudioまたはXcodeコンソール内から出力されたログをコピーします。
準備ができました。アカウントマネージャーにログの出力データを送信できます。

Adjust SDKのサイズは?

Adjust SDKのサイズは実装内容により異なります。代表的なタイプのSDKサイズは以下のとおりです。

iOS

  • Carthageを使用する場合:2,600KB
  • CocoaPodsを使用する場合:600KB

Android

  • Google Playサービスを使用しない場合:60KB
  • Google Playサービスを使用する場合:50KB

このトピックについて