Google Analyticsの計測
AdjustとGoogle Analyticsの連携により、AdjustからGoogle Analyticsの管理画面へデータを簡単にパスすることができます。このガイドでは、Google Analyticsにアトリビューションデータを表示させるためのAdjust管理画面の設定方法を解説します。

注:Google Analyticsとその関連ドキュメンテーションでは、使われている用語が若干異なります。GoogleとAdjustの用語を比較するには、以下のGoogle Analyticsの命名規則セクションを参照してください。

AdjustとGoogle Analyticsの連携を有効化する

Adjustは、Google Analyticsとアトリビューションデータを簡単に共有することができます。AdjustとGoogle Analyticsの連携を有効化するには、次の手順に従ってください。

Adjust管理画面でGoogle Analyticsモジュールを有効化する方法

Adjust管理画面にて
  1. アプリに移動して、アプリオプションの (▲) ボタンをクリックします。
  2.  パートナー設定(Partner Setup) > 新しいパートナーを追加する(Add Partners) > Google Analyticsの順に選択します。
  3.  TRACKING ID フィールドにGoogle AnalyticsのトラッキングIDを入力します。
    • トラッキングIDはGoogle Analyticsの管理画面で確認できます。アプリに複数の国固有のトラッキングIDがある場合は、グローバル(トップレベルの)トラッキングIDを入力します。詳細を見る
  4. 保存(SAVE)を選択します。
上記の手順が完了したら、AdjustはGoogle Analyticsへのインストールデータの転送を直ちに開始します。AdjustとGoogle Analyticsの連携を設定またはカスタマイズするには、詳細な手順を参照してください。

アプリにGoogle Analytics SDKが実装されている場合

アプリにAdjustのSDKとGoogle AnalyticsのSDKが両方実装されている場合、AdjustのSDKにセッションパートナーパラメーターを追加する必要があります。(iOSおよびAndroid向けの関連資料を参照してください。)

これは、Google AnalyticsのSDKを実装しているアプリをインストールした全てのデバイスに対し、Googleはcid(固有のクライアントID)を作成するためです。AdjustがGoogleに一致するcid値なしでデータを送信した場合、Googleは自社のデータと当社のデータを一致させることができません。

セッションパートナーパラメーターを追加することにより、AdjustのSDKはGoogleのcidを計測し、Googleにデータを送信する時にcidを含むことができます。AdjustのSDKにセッションパートナーパラメーターがない場合、Adjustは代わりに広告ID(idfaまたはgps_adid)を自動的に送信しますが、Google側のcid値には一致しません。

アプリに複数のGoogleトラッキングIDを利用している場合

アプリに複数の国固有のトラッキングIDを利用している場合は、グローバル(トップレベル)トラッキングIDを入力し、AdjustとGoogle Analyticsの連携を有効化します。

次に、クリックパラメーターgoogle_country_property_id=[value]を使用して国別(下位レベル)IDをclicksに追加します。このパラメーターにより、各IDに1つずつ、複数のコールバックが発生します。オーガニックトラフィックなど、クリックパラメーターの値は常に使用できる訳ではないことにご注意ください。

AdjustとGoogle Analyticsの連携をカスタマイズする

Adjustが計測するイベントをGoogle Analyticsに転送する

Adjustはイベント連携によって、詳細なイベントデータをGoogle Analyticsに直接転送することができます。Adjustが計測しているアプリ内イベントは全て、事前定義済み、あるいはカスタム設定されたGoogle Analyticsイベントにマッピングすることが可能です。事前定義済みのイベントとは、Google Analyticsがユーザーデータを整理する際に使用する、予め決められたラベルのリストを指します。一方、カスタムイベントとは、アカウントユーザーが独自に定めた名前をもつイベントを指します。

アプリ内のイベントデータをGoogle Analyticsと共有するには、次の手順に従ってください。

Adjust管理画面
  1. アプリに移動して、アプリオプションの (▲) ボタンをクリックします。
  2. パートナー設定(Partner Setup) > Google Analytics > イベント連携(Event Linking)の順に選択します。
  3. イベント名を記入(FILL ALL WITH EVENT NAMES)を選択し、AdjustとGoogle Analyticsで同じイベント名を使用します。あるいはフィールドにカスタムイベント名を入力し、Google Analyticsに表示させます。
  4. 保存(SAVE)を選択します。
これでAdjustからGoogle Analyticsにイベントデータが転送されるようになります。

注:Google Analyticsでのデータ重複を防ぐため、Google AnalyticsのSDKがアプリに実装され、すでにアプリ内イベントを計測している場合は、Adjustでイベント連携を設定しないでください。

収益データをGoogle Analyticsに転送する

収益データを転送することによって、詳細な収益データをGoogle Analyticsに直接転送することができます。Adjustでイベント連携を設定した後(上記の手順を参照)、以下の手順に従ってアプリ内の収益データをGoogle Analyticsと共有します。

Adjust管理画面
  1. アプリに移動して、アプリオプションの (▲) ボタンをクリックします。
  2. パートナー設定 (Partner Setup) > Google Analyticsの順に選択します。
  3.  収益転送(Revenue Forwarding) スイッチを ONに切り替えます。
これでAdjustからGoogle Analyticsに収益データが転送されるようになります。

注:Google Analyticsでのデータ重複を防ぐために、Google AnalyticsのSDKがアプリに実装され、すでにアプリ内購入を計測している場合は、Adjustでは収益転送の設定をしないでください。

セッションデータをGoogle Analyticsに転送する方法

Adjustが計測するセッションとリアトリビューションをGoogle Analyticsと共有するには、次の手順に従ってください。

Adjust管理画面
  1. アプリに移動して、アプリオプションの (▲) ボタンをクリックします。
  2. パートナー設定 (Partner Setup) > Google Analyticsの順に選択します。
  3.  セッション転送(Session Forwarding) スイッチを ONに切り替えます。
これでAdjustからGoogle Analyticsにセッションデータが転送されるようになります。

注: Google Analyticsでのデータ重複を防ぐために、Google AnalyticsのSDKがアプリに実装され、すでにアプリ内セッションを計測している場合は、Adjustではセッション転送の設定をしないでください。

パラメーターでAdjustとGoogle Analyticsの連携を最適化する

クリックパラメーターとパートナーパラメーターを使用して、AdjustとGoogle Analyticsの連携を最適化できます。これらのパラメーターを使用することで、SKU、トランザクションID、アイテムの価格など、アプリ固有の重要なデータを計測することができます。

カスタムデータをGoogle Analyticsと共有するには、次の手順に従ってください。このカスタムデータはAdjustからのコールバックにも含まれます。

カスタムイベントデータ をGoogle Analyticsに転送する方法

Adjustはパートナーパラメーターを使用して、アプリからカスタムイベントデータを収集し、Google Analyticsに直接送信することができます。アイテムのカテゴリーからクーポンコードまで、パートナーパラメーターはアプリ固有のイベントデータの詳細を取得するのに役立ちます。

パートナーパラメーターは、Adjust SDK内で設定する必要があります。プラットフォーム別の開発者向け手順については、以下のリンクを参照してください。(Google開発者向けガイドでは、各イベントパラメーターに関するGoogleの仕様を確認することができます。)

SDKの変更が完了したら、次の手順に従ってAdjust管理画面でパラメーター転送を有効にしてください。

設定手順

Adjust管理画面にて
  1. アプリに移動して、アプリオプションの (▲) ボタンをクリックします。
  2. パートナー設定 (Partner Setup) > Google Analyticsの順に選択します。
  3. パラメーター転送(Parameter Forwarding)スライドをONにします。
  4. パートナーパラメーターマッピング(Partner Parameter Mapping)を選択します。
  5. パートナーパラメーターマッピング欄に、アプリから(FROM APP)とGOOGLE ANALYTICS(TO GOOGLE ANALYTICS)の2つのフィールドが表示されます。アプリから(FROM APP)のフィールドに、Adjust SDKに書き込まれたAdjustパートナーパラメーターの名前を入力します。次に、GOOGLE ANALYTICS(TO GOOGLE ANALYTICS)のフィールドに、対応するGoogle定義名を入力します。
  6. 保存 (SAVE) を選択します。
Adjustは直ちに、リンクされたカスタムイベントの詳細をGoogle Analyticsに直接転送し始めます。

Adjust SDKにパートナーパラメーターを書き込む際の開発者向け手順

受け入れ可能なGoogle Analyticsパラメーターの全リスト

Google Analyticsがサポートしているパートナーパラメーターの全リストを確認する前に、Googleはイベントごとに以下のパラメーターを必要とすることをご理解ください(Googleでは「ヒットタイプ」と呼ばれています)。
ヒットタイプ必要なパラメーター
トランザクションti
アイテムin, ti
これらの必要なパラメーターがない場合、イベントはGoogleの特定のヒットタイプではなく、イベントとして送信されます。

以下は、AdjustのSDKでイベントごとに設定可能なパートナーパラメーターの全リストです。
氏名SDKでの名前:値の例種類イベントアイテムスクリーンビュートランザクション
Google Analytics User ID
userId: df45346424
stringはいはいはいはいオプションですが推奨されているパラメーターで、AdjustがGoogle AnalyticsのUser IDを使って計測するトラフィックにタグを付けます。これにより、Googleは1人のユーザーが持つ複数のデバイスのトラフィックに対してそれぞれアトリビュートします。
匿名IPaip: 1ブーリアンはいはいはいはい以下の例のうちいずれかがペイロードにある場合にのみ、送信者のIPアドレスが匿名化されます: &aip=&aip=0&aip=1 など
キャンペーンのコンテンツ
cc: content
文字列、500Bはいはいはいはい 
スクリーン名
cd: High Scores
文字列、2048BはいはいはいはいクリックまたはSDK内に追加できます。クリック値はSDK値をオーバーライドします。
キャンペーンID
ci: ID
文字列、100Bはいはいはいはい 
キャンペーンのキーワード
ck: Blue Shoes
文字列、500Bはいはいはいはい 
キャンペーンのメディア
cm: organic
文字列、50Bはいはいはいはい 
通貨コード
cu: EUR
文字列、10Bいいえはいはいいいえ 
クーポンコード
tcc: SUMMER08
文字列、500Bはいはいはいはい 
Google ディスプレイ広告 ID
dclid: d_click_id
stringはいはいはいはい 
ドキュメントのエンコード
de: UTF8
文字列、20Bはいはいはいはい 
ドキュメントのタイトル
dt: settings
文字列、1500Bはいはいはいはい 
イベントアクション
ea: Action
文字列、500B必須いいえいいえいいえ 
イベントカテゴリ
ec: Category
文字列、150B必須いいえいいえいいえ 
イベントラベル
el: Label
文字列、500Bはいいいえいいえいいえ 
イベント値
ev: 55
intはいいいえいいえいいえ 
Google 広告 ID
gclid
文字列、500Bはいはいはいはい 
アイテムコード/SKU
ic: SKU 45
文字列、500Bいいえはいいいえいいえ 
アイテム名
in: Shoe
文字列、500Bいいえ必須いいえいいえ 
アイテムの価格
ip: 3.50
フロートいいえはいいいえいいえ最大小数点6桁まで正確に表示します。負の値も可能です。デフォルトは0です。
アイテムの数量
iq: 4
intいいえはいいいえいいえデフォルトは0です。
アイテムのカテゴリ
iv: Blue
文字列、500Bいいえはいいいえいいえ 
非インタラクションヒット
ni: 1
ブーリアンはいはいはいはい以下の値は、ヒットが非インタラクティブか否かを指定します:0 = インタラクティブ; 1 = 非インタラクティブアプリが開かれる必要があるため、インストール、セッション、リアトリビューションの値は0です。
画面の色
sd: 24bits
文字列、20Bはいはいはいはい 
画面の解像度
sr: 800x600
文字列、20Bはいはいはいはい 
トランザクションのアフィリエーション
ta: Member
文字列、500Bいいえいいえいいえはい 
トランザクション ID
ti: 0D564
文字列、500Bいいえ必須いいえ必須 
トランザクション収益
tr: 15.47
currency (通貨)いいえいいえいいえはい 
トランザクションの送料
ts: 3.5
フロートいいえいいえいいえはい最大小数点6桁まで正確に表示し、負の値も可能です。デフォルトは0です。
トランザクションの税金
tt: 11.20
フロートいいえいいえいいえはい最大小数点6桁まで正確に表示し、負の値も可能です。デフォルトは0です。
表示領域のサイズ
vp 123x456
文字列、20Bはいはいはいはい 

トラッカーレベルのデータをGoogle Analyticsに送信する方法

GoogleのクリックパラメータをAdjustのトラッカーURLに追加することで、キャンペーン情報やその他のデータをGoogle Analyticsにパスすることができます。 (クリックパラメータの追加についての詳細は、こちらをご覧ください。)

Google Analyticsは、以下のクリックパラメータをサポートしています。
氏名Adjustのクリックパラメータ名Googleのパラメータ名:値の例種類
キャンペーンのメディア
utm_medium
utm_medium: オーガニック
文字列、50B 
キャンペーンID
utm_id
utm_id: ID
文字列、100B 
Google ディスプレイ広告 ID
dclid
dclid: CL6Q-0XyqKUCFcgK2goddQuoHg
stringGoogleによって自動的に追加されます。これは必須ではありません:追加された場合、自動で追加されたAdwords IDをオーバーライドします。
スクリーン名
google_cd
cd: High Scores
文字列、2048BクリックまたはSDKによって追加できます。クリック値はSDK値をオーバーライドします。

以下は、キャンペーンウィザードによって生成された、追加されたクリックパラメータを含むAdjustのトラッカーURLの例です。
 
https://app.adjust.com/def456?utm_medium=[macro for utm_medium or hardcoded value from the client or hardcoded value from the client]&utm_id=[network macro for utm_id or hardcoded value from the client]&dclid=[network macro for google display ads id or hardcoded value from the client]&gclid=[network macro for google adwords or hardcoded value from the client]&google_cd=[network macro for screen name or hardcoded value from the client]

Google Analyticsの命名規則

AdjustとGoogle Analyticsでは、イベントやキャンペーン構造に異なる命名規則が使用されることがあります。Googleのプラットフォームとドキュメンテーションを確認する際は、このセクションを参考にしてください。

ヒットタイプ

Googleは、Adjustが「アクティビティ」または「イベント」と表現することに対して「ヒット」という用語を使います。Google Analyticsには4種類のヒットタイプがあります。
Google AnalyticsのヒットタイプAdjustで相当するもの
イベント
installs, reattributions または events
トランザクション
revenue events
アイテム
item_idパートナーパラメータを含むイベント
screenview
セッション

キャンペーン構造パラメーター

Googleは、キャンペーン構造パラメータにも独自の命名規則を使用します。
Adjustキャンペーン構造パラメータ名Google UTMパラメータ名説明
Network nameutm_sourceキャンペーンの参照元
Campaign nameutm_campaignキャンペーン名
Adgroup nameutm_contentキャンペーンのコンテンツ
Creative nameutm_termキャンペーンのキーワード

このトピックについて