ディープリンクジェネレーター

Adjustのディープリンクジェネレーターを使用すると、あらゆるプラットフォームや広告環境向けのディープリンクを簡単に作成できるだけでなく、時間も節約でき、エラーの発生を避けることができます。ここでは、ディープリンクジェネレーターの使用方法とよくある質問内容をご紹介します。 

アクセスとパーミッション

ディープリンクジェネレーターはAdjust管理画面にあり、管理者および編集者のアクセス許可を持つユーザーが使用できます。 

アクセスするには、管理画面アカウントにログインし、メニュー(Menu) > ディープリンクジェネレーター(Deeplink Generator)を選択します。

入力フィールド(欄)

ディープリンクジェネレーターで入力する情報によって、ディープリンクの設定、トラッカーURL、および挙動が決まります。サポートするプラットフォームと環境に応じて、設定に必要な入力項目が異なります。 

次に示すのは、全てのアプリに入力が必要なフィールドと、iOSAndroidあるいはマルチプラットフォームアプリ設定に固有の入力フィールドの詳細です。

全てのアプリ用

プラットフォーム 

Adjust管理画面で設定したアプリのプラットフォームを入力します。Android、iOS、マルチプラットフォーム (Multiplatform) のいずれかです。  

アプリ (App)とトラッカー (Tracker)

ドロップダウンメニューからアプリを選択します。アカウント管理画面上の全てのアプリが表示されます。

次に、使用するトラッカー (Tracker) を選択します。アプリの全てのネットワークレベルのトラッカーが一覧表示されます。 

トラッカーをマニュアル入力するには、手動(manual)オプションにチェックを付けます。

ラベル (Label)(オプション)

ラベルパラメーターを使用すると、Adjustの他のプレースホルダーのいずれにも適合しないカスタムデータを送信できます。

フォールバックURL (Fallback URL)(オプション)

フォールバックURLは、オフプラットフォームユーザー(サポートされていないOSからのクリック)を特定のランディングページに遷移させる場合に使用します。たとえば、AndroidユーザーがiOSトラッカーをクリックした場合、ユーザーはAppleのApp Storeではなく、ここで指定したURLに遷移します。

リダイレクトURL (Redirect URL) / iOS / Android(オプション)

リダイレクトURLを追加すると、Adjustのデフォルトであるアプリストアへのリダイレクトを上書きし、代わりにユーザーを特定のURLに遷移させることができます。 

デバイスプラットフォーム別にユーザーをリダイレクトさせたり、全てのユーザーを1つの場所に誘導することもできます。 

iOSの場合

広告環境

ディープリンクにはさまざまな形式があり、形式ごとに対応する広告環境が異なります。ディープリンクの配置先を選択し、正しい形式のディープリンクが使用されるよう設定します。 

形式

広告環境によっては、複数のディープリンク形式がサポートされている場合があります。ここでは、使用する形式を指定できます。 

キャンペーンの広告環境ごとに推奨される設定方法については、この記事の表をご覧ください。

iOSアプリスキーム (iOS App Schema) 

ディープリンクでは、アプリスキームによってアプリが識別されます。これはアプリ側で設定され、プラットフォーム(iOSおよびAndroid)ごとに固有です。

例: my_ios_app://

Raw Universal Link

ユニバーサルリンクが有効になっているアプリを管理画面で選択すると、Rawユニバーサルリンクが自動入力されます。(Rawユニバーサルリンクを検索または作成するには、次の手順に従います:その他の設定(All Settings) > プラットフォーム(Platforms) > iOS > ユニバーサルリンク(Universal Linking))

例: 85yw.adj.st

iOSユニバーサルリンクパス (Universal Link Path)

ユニバーサルリンクパスは、ユーザーが遷移するアプリ内の遷移先を指定します。重要: このフィールドにはパスのみを追加してください。参考までに、ユニバーサルリンクは次のようになります: my_ios_app://path/to/content 

例: ユニバーサルリンクが my_ios_app://reward_page の場合、パスは reward_pageです。

  • Facebookオーガニック投稿およびInstagramの場合、パスは次の形式を使用する必要があります: https://abcd.adj.st/path

Adjustの推奨するパスの書式でない記号などを使用する場合には、強制(Enforce)オプションにチェックを付けます。これによりキャンペーンで問題が発生する可能性があることにご注意ください。Adjustのパス検証の詳細を参照してください。 

キャンペーン構造(オプション)

選択したトラッカーに値が付与されている場合、キャンペーン(Campaign)、アドグループ(Adgroup)、クリエイティブ(Creative)の各フィールドは自動的に入力されます。付与されていない場合、マクロまたは値を手動で入力できます。 

デバイスIDマクロ (Decide ID Macros) - IDFA(オプション)

これは管理画面から自動的に取得されます。 

Androidの場合

Androidアプリスキーム (Android App Scheme) 

ディープリンクでは、アプリスキームによってアプリが識別されます。これはアプリ側で設定され、プラットフォーム(iOSおよびAndroid)ごとに固有です。

例: my_android_app://

Androidディープリンクパス (Deeplink Path)

ディープリンクパスにて、ユーザーが遷移するアプリ内の遷移先を指定します。重要: このフィールドにはパスのみを追加してください。参考までに、ディープリンクは次のようになります: my_android_app://the/path/to/content

例: ディープリンクの遷移先がmy_android_app://reward_page の場合、パスはreward_pageです。

Adjustの推奨するパスの書式でない記号などを使用する場合には、強制(Enforce)オプションにチェックを付けます。これによりキャンペーンで問題が発生する可能性があることにご注意ください。Adjustのパス検証の詳細を参照してください。 

キャンペーン構造(オプション)

選択したトラッカーに値が付与されている場合、キャンペーン(Campaign)、アドグループ(Adgroup)、クリエイティブ(Creative)の各フィールドは自動的に入力されます。付与されていない場合、マクロまたは値を手動で入力できます。 

デバイスIDマクロ (Device ID Macros) - GPS_ADID(オプション)

これは管理画面から自動的に取得されます。

マルチプラットフォームの場合 

広告環境

ディープリンクにはさまざまな形式があり、形式ごとに対応する広告環境が異なります。ディープリンクの配置先を選択し、正しい形式のディープリンクが使用されるよう設定します。 

形式 

広告環境によっては、複数のディープリンク形式がサポートされている場合があります。ここでは、使用する形式を指定できます。 

複数の異なるキャンペーン広告環境での推奨設定の詳細については、この記事の表を参照してください。

アプリ (App)とトラッカー (Tracker)

アプリとトラッカーには2つの入力フィールドがあります。これは、次の詳細を追加できることを意味します。

  • 1つのマルチプラットフォームアプリ 

  • 2つのシングルプラットフォームアプリ 

よくあるご質問

Adjustで使用できるiOSおよびAndroidのパスのパターンと構文はどのようなものですか?

Adjustで使用できる、ディープリンクおよびユニバーサルリンクのパスのパターンは次のとおりです。

  • スキーム + パス:my_app://mypath

  • スキーム + パス + パラメーター:my_app://mypath?parameters

  • スキーム + パラメーター: my_app://?parameters

    • このパターンタイプはFacebookおよびInstagramではサポートされていないことにご注意ください。使用した場合、アプリは開かず、ユーザーはストアに遷移します。 

次のパス構文を使用できます。

  • 英数字と- / .[ ] %を含むパス

次のパラメータークエリ文字列の構文を使用できます。

  • &で連結したキーと値のペア

  • 英数字と-を含むキー

  • 英数字と- . %を含む値

例: 例: my_app://mypath?key-1=value.1&key-2=value%2

このトピックについて