Google Cloud StorageへのCSVアップロード
ユーザーのローデータは、AdjustのCSVアップロード機能を使ってGoogle Cloud Storageに自動的にエクスポートすることができます。管理画面でイベントを選択し、送信するデータポイントを定義してください。

設定が完了すると、ストレージバケットにCSVアップロードが一時間ごとに送信されます。このローデータを使用して独自のデータベースを構築し、ニーズに応じてユーザーを分析し、(Adjustのログを要求することなく)即座にデータを呼び出すことができます。

AdjustからGoogle Cloud Storageバケットへのデータ転送

以下の手順を実行する前に、Google Cloud Strageにプロジェクトとバケット(又は既存のバケット)を作成します。

Adjust管理画面
  1. アプリに移動して、アプリオプションの(▲)ボタンをクリックします。
  2. その他の設定(All Settings)>ローデータエクスポート(Raw Data Export)>CSVアップロード(CSV Upload)の順に選択します。
  3. ドロップダウンメニューから Google Cloud Storage を選択します。
  4. Google Cloud Storage認証ファイルをアップロードします。 
    • JSON認証情報ファイル(別名サービスアカウントキーファイル)を作成するには、Google Cloud Storageで以下の手順を実行してください。手順4で、プロジェクト > オーナーを選択します。
  5. Google Cloud Storageバケットを入力します。
  6.  エクスポートするイベントを選択してください(Select Events for Export)を開き、AdjustがGoogleに送信するイベントを選択し、 OKを選択します。
  7. CSV定義を入力します。
  8. 保存(SAVE)を選択します。
上記の手順が完了したら、Adjustは一時間ごとにCSVデータファイルをGoogle Cloud Storageのバケットに転送します。

このトピックについて