Amazon S3へのCSVアップロード
ユーザーのローデータは、AdjustのCSVアップロード機能を使ってアマゾンウェブサービス(AWS)に自動的にエクスポートすることができます。管理画面でイベントを選択し、送信するデータポイントを定義してください。

設定が完了すると、ストレージバケットにCSVアップロードが一時間ごとに送信されます。このローデータを使用して独自のデータベースを構築し、ニーズに応じてユーザーを分析し(Adjustのログを要求することなく)即座にデータを呼び出すことができます。

Amazon S3バケットの作成

この連携を行うためには、AWSのアカウントとS3バケットが必要です。AWSにバケットを作成する際は、s3:ListBuckets3:GetBucketLocationおよびs3:PutObjectのアクセス権が有効になっていることを確認します。詳細については、こちらをご覧ください。

ポリシーが存在しない場合

以下の手順に従って、AWSに新しいIAMポリシーを作成します。AWSのJSONオプションを使った、以下のサンプルをコピー&ペーストすることもできます: 
{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:GetBucketLocation",
                "s3:ListBucket"
            ],
            "Resource": [
                "arn:aws:s3:::YOUR-BUCKET-NAME-HERE"
            ]
        },
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:PutObject"
            ],
            "Resource": [
                "arn:aws:s3:::YOUR-BUCKET-NAME-HERE/*"
            ]
        }
    ]
}
YOUR-BUCKET-NAME-HEREをバケット名に置き換えてください。

IAMユーザーが存在しない場合

 以下の手順に従って、新しいIAMユーザーを作成します(Adjustのシステムは、AWSコンソールにアクセスする必要がないため「Programmatic Only(プログラマティック限定)」を選択することができます)。次に、 ユーザーアカウントのアクセスキー ID (Access Key ID) とシークレットアクセスキー (Secret Access Key) をコピーします。AWSにCSVアップロードを設定する時に、これをAdjust管理画面に入力します。CSVアップロードの設定を保存すると、AdjustからS3バケットに接続されます。 

AdjustからAmazon S3バケットへのデータ転送

以下のステップに進む前にアマゾンにS3バケット を作成してください。

Adjust管理画面
  1. アプリに移動して、アプリオプションの(▲)ボタンをクリックします。
  2. その他の設定(All Settings)>ローデータエクスポート(Raw Data Export)>CSVアップロード(CSV Upload)の順に選択します。
  3. ドロップダウンメニューからAmazon S3を選択します。
  4. AWSで定義されたキー、シークレット、およびバケット名を入力してください*
  5. エクスポートするイベントを選択してください(Select Events for Export)を開き、AdjustがAWSに送信するイベントを選択し、OKを選択します。
  6. CSV定義を入力します。
  7. 保存 (SAVE)を選択します。
上記の手順が完了したら、Adjustは1時間ごとにCSVデータファイルをAmazon S3バケットに転送します。

*AWSでキー(KEY)とシークレットを検索するには、ユーザー名を選択し、セキュリティ認証情報(Security Credentials)>アクセスキー(Access Keys)>新規アクセスキーの作成(Create New Access Keys)に移動します。

このトピックについて