アトリビューションソースフィルター
Adjustのアトリビューションソースフィルターは、さまざまなトラッカーに分散し、多数のリアトリビューションからなるマーケティング活動のパフォーマンスを分析するのに有効です。この機能を使用すれば、各ユーザーのアプリ内アクティビティをインストールトラッカーに対してのみ表示することも、インストールトラッカーとリアトリビューションソースに正確に配分することもできます。

アトリビューションソースフィルターでは、次の2つのフィルターを活用できます。
  • First ソース(最初の流入元):各ユーザーのインストールに基づく、ライフタイムのユーザー行動を一目で確認できます。
  • ダイナミックソース(動的流入元):アトリビューションとリアトリビューションのすべてのソースに基づくリエンゲージメントキャンペーンの成果を分析します。
これらのAdjust機能のメリットと仕組みをご確認ください。

:アトリビューションソースフィルターは、管理画面に何のデータが表示されるかについては影響しません。データがどのように表示されるかを扱います。

アトリビューションソースとは

アトリビューションは、Adjustに計測される、ユーザーをアプリに誘導したエンゲージメントです。インストールソースとリアトリビューションソースの2種類があります。

アトリビューションソース(attribution source)フィルターの機能を完全に把握するために、まずはAdjustがどのようにデータを整理するかを決定するアトリビューションステータス(attribution status)フィルターについて説明します。

アトリビューションステータス(attribution status)フィルターでは、次のオプションが利用できます。
  • インストール(Installed):アプリをインストールしただけの、まだリアトリビュートされたことがないユーザーによって記録されたアプリセッションとアプリ内イベント
  • リアトリビュート済み(Reattributed):新しいアトリビューションソースに再度割り当てされたユーザーによって記録されたアプリセッションとアプリ内イベント
  • ディアトリビュート済み(Deattributed):インストールトラッカーから離脱した(すなわち、次のアトリビューションソースに再度割り当てされた)ユーザーによって記録されたアプリセッションとアプリ内イベント
  • すべて(All):現在のアトリビューションステータスを問わず、すべてのユーザーによるアプリセッションとアプリ内イベント

リアトリビュート済みとディアトリビュート済みは、文脈により使い分けられます。以下のように、同一のアクションを2つの方法で解釈することができます。
  • ユーザーが新しいトラッカーリアトリビュートされると同時に、インストールトラッカーからディアトリビュートされることになります。
:どのユーザーにもディアトリビュートされる可能性がありますが、ディアトリビューションは1イベントで1回しか行えません。つまり、これはユニークイベントとみなされます。

この違いが、各アトリビューションソースのKPIを把握する際に役立ちます。Firstソースフィルターを使用すれば、ディアトリビュートされた(すなわち、インストールソースから離脱した)ユーザーを確認でき、ダイナミックソースフィルターを使用すれば、Adjust内でリアトリビュートされたユーザーを分析できます。

Adjustでは、アトリビューションソースを次のように分類しています。
  • First:最初のインストールソース
  • ダイナミック:アプリ内の行動の発生時点で最新のアトリビューションソース
  • Adjust内でリアトリビュートされたことがないユーザーには、アトリビューションソースが1つ(すなわち、インストールソース)しかありません。
  • リアトリビュート済みまたはディアトリビュート済みのユーザーには、少なくとも2つのアトリビューションソース(インストールソースと、次のアトリビューションソース)があります。 

ダイナミックソースアトリビューションとは

ダイナミックソースアトリビューションとは、アプリユーザーがAdjustで計測されるライフタイムを通じて、複数の計測対象ソースにリアトリビュートされ得るという概念に基づいています。ユーザーがAdjustでリアトリビュートされるためには、リアトリビューション期間内且つ一定の休眠期間の後に、Adjustが計測しているソースにエンゲージされる必要があります。 

アトリビューションソースフィルターがデータに与える影響

アトリビューションステータス(attribution status)フィルターでは、レポートに含めるユーザーを決定しますが、アトリビューションソース(attribution source)フィルターでは、アプリ内セッションおよびイベントの割り当て先を決定します。 
  • Firstソースアトリビューション:すべてのアプリ内アクティビティとディアトリビューション、リアトリビューションが、First(インストール)ソースに関連付けられます。
  • ダイナミックソースアトリビューション:各アプリ内アクティビティとリアトリビューションが、イベントのトリガー時に次のアトリビューションソースのいずれかに割り当てられます。
    • インストールソース
    • その後のエンゲージメントソース

管理画面でのFirstソースアトリビューションの表示方法

Firstソースアトリビューションでは、各アプリ内の行動が最初の(インストール)アトリビューションソースに割り当てられます。このため、ユーザーのライフタイムアプリ内行動は、リアトリビューション後も引き続きFirstソースに表示されます(下記の例参照)。
  1. ユーザーによるアプリのインストールが、トラッカーAにアトリビュートされる
    1. ユーザーがアプリ内イベント1を完了する
  2. ユーザーが、トラッカーAからディアトリビュートされるか、トラッカーBリアトリビュートされる
    1. ユーザーがアプリ内イベント2を完了する
    2. ユーザーがアプリ内イベント3を完了する
  3. ユーザーが、トラッカーCリアトリビュートされる
Firstソースでは、データが次のように表示されます。

 
 アクティビティ合計
トラッカーAインストール、イベント1、ディアトリビューション、リアトリビューション、イベント2、イベント3、およびリアトリビューション1つのインストール、1つのディアトリビューション、3つのイベント、2つのリアトリビューション
トラッカーBnonenone
トラッカーCnonenone

管理画面でのダイナミックソースアトリビューションの表示方法

ダイナミックアトリビューションでは、各アプリ内行動が最新のアトリビューションソースに割り当てられます。このため、ユーザーのライフタイムアプリ内行動は、複数のトラッカーに分散する可能性があります(以下の例を参照)。
  1. ユーザーによるアプリのインストールが、トラッカーAにアトリビュートされる
    1. ユーザーがアプリ内イベント1を完了する
  2. ユーザーが、トラッカーBにリアトリビュートされる
    1. ユーザーがアプリ内イベント2を完了する
    2. ユーザーがアプリ内イベント3を完了する
  3. ユーザーが、トラッカーCにリアトリビュートされる
ダイナミックソースでは、データが次のように表示されます。

 
 アクティビティ合計
トラッカーAインストールとイベント11つのインストール、1つのイベント
トラッカーBリアトリビューション、イベント2および31つのリアトリビューション、2つのイベント
トラッカーCリアトリビューション1つのリアトリビューション

アトリビューションソースを使用する方法

アトリビューションソース(attribution source)フィルターは、合計、コスト、不正防止、およびコホートレポートのフィルターサイドバーにあります。

アトリビューションソース(attribution source)フィルターは、必ずアトリビューションステータス(attribution status)フィルターと組み合わせて使用します。これら2つの設定を組み合わせることで、さまざまな結果やインサイトを表示できます。
 第一流入元ダイナミック流入元
インストールダイナミックソース(管理画面では使用不可)アプリをインストール済みで、まだリアトリビュートされたことがないユーザーのデータのみを表示します。このため、ダイナミックソースはFirstソースと同じです。
リアトリビューションダイナミックソース(管理画面では使用不可)リアトリビュートされたユーザーのデータのみを表示します。リアトリビューションなどのアプリ内行動が、Firstソースとリアトリビューションソースに分けられます。各アクティビティは、その時点でユーザーのアトリビューションソースに割り当てられます。
デアトリビュート済みFirstソーストラッカーからディアトリビュートされた(すなわち、新しいトラッカーにリアトリビュートされた)ユーザーのデータのみを表示します。ディアトリビューションやリアトリビューションを含むすべてのアプリ内行動は、引き続きFirstソーストラッカーにのみ関連付けられます。
Firstソースと同じ(管理画面では使用不可)
全てすべてのユーザーのデータを表示します。アプリ内行動はすべて、Firstソーストラッカーにのみアトリビュートされます。すべてのユーザーのデータを表示します。すべてのアプリ内行動が、最初のアトリビューションソース、およびリアトリビューションソースに割り当てられます。各行動は、その時点でユーザーのアトリビューションソースに割り当てられます。
:Firstソースデータは、2017年9月1日以降の期間のみ利用できます。

よくあるご質問

アトリビューションソースフィルターにより、どのようなインサイトを得ることができますか。

アトリビューションソースフィルターでは、リアトリビュートされたユーザーの流入元に関するインサイトが得られ、リエンゲージメントキャンペーンの成果をユーザー獲得キャンペーンの成果と比較することができます。
ユーザーの生涯価値とFirst(インストール)ソースのユーザー獲得コストを比較する
リアトリビューションの多いリエンゲージメントキャンペーンを実行している場合も、アトリビューションソースフィルターを使用して、First(インストール)ソースの次にユーザーのLTVを測定します。このFirstソースLTVとユーザー獲得コストを比較することで、広告予算が適切に割り当てられているかどうかを簡単に確認できます。
  1. コホートビューで、アトリビューションステータス(attribution status)フィルターのすべて(All)、およびアトリビューションソース(attribution source)フィルターのFirstを選択します。
  2. KPI選択(Column Selection)を選択します。
  3. すべてのユーザーのLTV(Lifetime Value All Users)または有料ユーザーのLTV(Lifetime Value Paying Users)のいずれかを選択します。
  4. OKを選択します。
  5. 適用(APPLY)を選択します。
ダイナミック流入元アトリビューションを使用して、リエンゲージメントキャンペーンの効果を分析する
アトリビューションソース(attribution source)フィルターを使用すれば、リエンゲージメントキャンペーンの成果としてアプリに戻ってきたユーザー(すなわち、復帰ユーザー)と、ユーザー獲得キャンペーンによって得られたユーザー(すなわち、新規ユーザー)のアプリ内パフォーマンスを比較することができます。
  1. コホートビューで、アトリビューションソース(attribution source)フィルターのダイナミック(Dynamic)、およびアトリビューションステータス(attribution status)フィルターのリアトリビューション(Reattributed)を選択します。
  2. KPI選択(Column Selection)を選択します。
  3. 関心に応じて、以下を実行します。
    • 各ユーザーごとの収益(Revenue Per User)などの収益KPIを追加する
    • すべてのユーザーのリテンション率(Retention Rate All Users)などの継続KPIを追加する
  4. 適用(APPLY)を選択します。
  5. コホート期間におけるリエンゲージメントソースの収益や継続率を確認します。
  6. この結果をユーザー獲得キャンペーンと比較するには、アトリビューションソース(attribution source)フィルターでインストール(Installed)を選択し、同じコホート期間におけるユーザー獲得キャンペーントラッカーの収益や継続率を確認します。